当院の矯正歯科治療の特徴

矯正治療歴20年以上の院長が矯正治療全てを行ないます。
一般歯科医師として虫歯、歯周病等の状態も十分に考慮した診断、治療を行なっています。
できるだけ歯を抜かない矯正治療を行なっています (全てではありません)
診療時間内であれば、いつでも受診できます(要予約)
治療途中の矯正担当医の変更、矯正担当医の都合による受診日、時間帯の制約がありません。

 

年齢別にみる矯正歯科治療

乳幼児(3才~6才位)の矯正歯科治療

 乳歯が生え揃い、永久歯が生え始まる前までの時期では、特別な場合を除き積極的な矯正治療は行いません。
 指しゃぶり・爪噛み・口呼吸・寝相・食べ方・悪い姿勢などの歯並び・噛み合わせを悪くする原因となる癖や生活習慣を見つけ、改善することでお口の発育を促します。
 この時期の生活習慣は、その後の歯並び・噛み合わせに大きな影響をもたらします。

 

学童期(6才~12才位)の矯正歯科治療

 永久歯が生え始め、乳歯と生え替わる時期は顎骨をはじめ、骨格が急成長する時期でもあります。
 この時期には、生えてくる歯を適切な位置や方向に生えるように誘導する治療を行ないます。
 また、矯正治療により、顎骨の成長量や成長方向を大きく修正できる事、それにより抜歯をしない矯正の可能性が拡大する事もこの時期に矯正を行う大きなメリットです。

1588S-1.png1588S-2.png

 

青年期(12才~20才位)の矯正歯科治療

 永久歯が全て生え揃う思春期前後では、まだ骨格が十分成熟していないため、歯の移動に適した時期でもあります。(歯へのダメージが少なく、治療期間も短く行えます)
 学童期のような、大きな骨格的な矯正は望めませんが、歯を抜かずに矯正できる可能性も少なくありません。

1588S-3.png1588S-4.png

 

成人(概ね20才以上)の矯正歯科治療

 20才前後で顎骨は成熟します。そのため、顎骨内で歯を動かす矯正治療は、以前は20代前半までと言われていました。
 しかし、研究、技術、材料等の進歩により、今では70才からの矯正治療さえ、可能となりました。また、成人の顎関節症の治療には矯正が大きな役割を担います。
 審美矯正(目立たない)装置として、透明装置、裏側矯正、マウスピース矯正なども行われています。

1588S-5.png1588S-6.png1588S-7.png

 

必要により、インプラント矯正(スクリュー矯正)等も行っております。

 

矯正治療費(税別)

矯正相談 1,500円(45分)
診査・診断料 30,000円
幼児期矯正 毎回2,000円 ※装置を用いる場合は別途装置料
学童期矯正 200,000円~
青年期矯正 500,000円~
成人矯正 600,000円~
透明装置の場合 700,000円~
裏側矯正の場合 850,000円~
マウスピース矯正 850,000円~
別途 月極め調整量 3,000円~5,000円

 

ご不明な点等、お気軽にお問合せ下さい。